国は、9月19日以降、オミクロン株対応ワクチンの市町村への供給を順次開始するとしています。それに伴い、大垣市の接種で使用するワクチンが「従来型ワクチン」から「オミクロン株対応ワクチン」に切り替わります。
 なお、国は現時点でオミクロン株対応ワクチンでの接種を1人1回の実施としています。

新たなワクチンへの切り替え

集団接種

 集団接種では、9月24日(土)から、オミクロン株対応ワクチン(モデルナ社)を使用します。
 接種券をお持ちの3・4回目未接種の方で、接種を希望する方は、予約を受け付けていますので、WEB予約または、コールセンター(0584-47-6101)へ電話で予約してください。

個別接種

 個別接種では、早ければ9月26日(月)から、オミクロン株対応ワクチン(ファイザー社)に切り替わる予定です。切り替え日は、各医療機関によって異なりますので、個別にご確認ください。
 また、12歳から17歳の方の3回目接種については、ファイザー社製ワクチンのみ接種可能であるため、個別接種で実施しますので、各医療機関でご予約ください。

12歳から17歳の方の3回目接種及び18歳から29歳男性の3回目・4回目接種について

 12歳から17歳の方の3回目接種については、ファイザー社製ワクチンのみが認められています。集団接種では、当面の間、モデルナ社製ワクチンを使用する予定ですので、12歳から17歳の方で3回目接種を希望される方は、個別医療機関でご予約いただきますようお願いします。
 また、モデルナ社製ワクチンについて、29歳以下の男性におけるワクチン接種後の心筋炎の発症リスクが、ファイザー社製ワクチンに比して高くなる傾向があります。このため、18歳から29歳の男性で、ファイザー社製ワクチンの接種を希望される方は、同様に個別医療機関でご予約いただきますようお願いします。