新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化予防を目的として、国は、4回目のワクチン接種を行う方針です。
 現時点での4回目接種の概要については、次のとおりとなります。なお、今後の国の方針により、内容が変更になる場合がありますので、ご了承ください。
 また、個別の医療機関へのお問い合わせは、お控えください。

接種対象者

  1. 60歳以上の方 ※予防接種法第9条に規定する「努力義務」が適用されます。
  2. 18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方その他重症化リスクが高いと医師が認める方
    ※基礎疾患の範囲外でも対象となる場合がありますので、かかりつけ医にご相談ください。

  • 4回目のワクチン接種は、重症化予防を目的としているため、重症化リスクの低い60歳未満の方は、4回目接種の対象外となります。

接種時期

 3回目の接種完了から5か月経過後

接種費用

 無料(国費負担)

接種券

 基本4情報(住所、氏名、生年月日、性別)及び1回目、2回目、3回目の接種履歴を印字した「接種券一体型予診票」を使用します。
 60歳以上の方へは、3回目の接種完了から5か月経過する1~2週間前までにご本人に順次郵送します。
 18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方その他重症化リスクが高いと医師が認める方で、接種を希望する場合は、接種券の発行申請が必要です。申請については、こちらからご確認ください。

接種券発送スケジュール

 4回目接種券発送スケジュールをご確認ください。

接種方法

 市内医療機関での「個別接種」と市が設ける会場での「集団接種」の併用

接種ワクチン

 メッセンジャーRNAワクチン(ファイザー社ワクチンまたは、武田/モデルナ社ワクチン)

厚生労働省からのお知らせ